もうキャバ嬢を辞めたい!キャバクラを上手に辞めるコツ

キャバクラを辞めるのは引き止められる覚悟が必要

キャバクラは女の子の入れ替わりが結構激しいです。
この前まで一緒に働いていた女の子が、突然出勤してこない…なんてこともよくありました。
きちんとした女の子は辞める前日や数日前に「お世話になりました」と挨拶して辞めていたので、お店を辞める時に女の子の仕事への姿勢や周囲への気配りが見えるようでした。

もしキャバ嬢を辞めようとすると、どこのお店でも引き止めに遭う可能性があります。
キャバ嬢は入れ替わりの激しい仕事なので、女の子がまとめて急に辞めてしまうと人員の補充が出来ず、後から「辞めたい」と言ってもすんなり受け入れてくれない事もあるのです。
もちろん労働基準法では2週間前に退職願を出せば良いと言う事になっています。
でもキャバクラの世界はちょっと特殊なので、法律の話を持ち出してもスムーズに辞められない事もありますね。

「女の子の数が足りないんだから、辞めたいんだったら代わりの女の子を連れて来い」
「辞めるのはいいけど、月末まで仕事をしないと今月の報酬は渡さない」など、めちゃくちゃな引き止めに遭った方のお話を実際に聞きました。
どれも脅しの言葉ですし、月の途中で仕事を辞めたら給与を渡さないのは明らかに違法です!
でもキャバ嬢の方が立場が弱いので、泣く泣く報酬を手放したり、辞められずにズルズルと仕事を続けている酷いケースもあるんですね。

入店する前にお店の評判をチェックして、ブラックキャバクラでないかどうかを確認しておきたいところ。
基本的に法令を遵守している老舗店、有名店なら安心ですが、事前のリサーチも大事ですよ!

ひどいお店では脅されることもある!

お店を辞めると言ったら突然暴力を振るわれた、「辞めるならお前がキャバ嬢だと言うことを両親にバラす」など脅されるケースもあります。
暴力を振るわれたり暴言を言われると怖くなって辞めにくくなりますが、このようなお店はバックに反社会的勢力がついている事もあるので要注意です。
最初から関わらないのが一番なので、トラブルのない良心的なお店を選ぶのがベスト。

ちゃんとHPがあり大きな資本でしっかり運営しているお店、法令を遵守しているお店、老舗店や有名店はお店の名前に傷がつくのを嫌がるので、無理な引き止めで女の子の心象を悪くさせるような事はありません。
怖い思いをしたくないなら、入店時にお店の評判をきちんとチェックするのが大切です!
また暴力などを受けた場合は警察に相談するなど、きちんと対応しましょう。

移店をすると伝えたキャバ嬢に対しては、必ず引き止めが入ります。
引き止められ方は、今まで上げた売上によって変わりますが、脅しじみたあまりよろしくない方法をとるお店も多いです。
引用:キャバクラを移転する時の注意点

早い段階で相応しい理由を取り繕って辞めるのがコツ

「このお店、ヤバいかも」と思うお店に勤務していると、待機カットや厳しいノルマ、罰金、言葉の暴力、陰湿な虐めなどの問題に直面する事があります。
ノルマも達成出来そうなレベルなら良いのですが、明らかに無理な場合は最初から罰金や時給カットを狙っているのかもしれません。
「このお店はブラックキャバクラかも…」そう思ったら、早めに退店する方が良いです。

退店する理由は「ノルマが厳しくて同僚からイジめられる」などストレートな理由ではなく「母が病気になって入院したため、家事をしなければならない」、「結婚するので彼氏から仕事を辞めて欲しいと言われた」など自分の都合にする事です。
結婚や親の入院など個人的な事が理由になるとお店も引き止めにくいのでおすすめ。
早めの対処でブラックキャバクラと縁を切りましょう!