京都でキャバ嬢になりたい!京都のキャバクラの特徴を紹介!

京都内でも特に祇園はキャバクラの選択肢も多い

京都を代表する繁華街・祇園はキャバクラの数が群を抜いて多い傾向にあります。
祇園にあるキャバクラの数を10とすると木屋町は5くらいの割合ですね。
お店が多いのは、祇園が繁華街として国内外に広く知られているから。鴨川と八坂神社の間にある、日本有数の繁華街・祇園はナイトワーク向きのお店がかなり集まっているので狙い目☆
京都のキャバクラで稼ぎたいなら、祇園を狙うのがセオリーです。

お店の数が多いため、選択肢が広いのも祇園の特徴です。
高級路線のお店から庶民派キャバクラ、キャバ嬢の年齢が30~40代メインの熟キャバ、早朝からオープンしている朝キャバなどお店のバリエーションも豊富です。
「このお店、いいな」と思ったら、面接担当者に連絡してまずは面接を受けましょう!
お店が多いので条件に合う店舗が見つかる可能性大です♡

観光客も多く訪れるのが特徴

祇園は世界でも有名な歓楽街。
特に有名なのが石畳の道の左右にカフェやお土産物店、居酒屋、和食店、イタリアンバルなどが立ち並ぶ「花見小路通」ですね。
景観を綺麗に見せるために、電線は全て地下に埋められており街並みがスッキリしています。

京都の綺麗な景観を旅行ガイドやネットで見た国内外の観光客が押し掛けるため、もともと歓楽街だった祇園にはさらに人が集まり連日大賑わい☆
昼間は有名な観光地を巡った観光客も「是非夜の京都も楽しみたい」とキャバクラやガールズバーにも殺到します。
そのため他のエリアに比べて、観光客が多いのも祇園の特徴です。

国内からお見えになった観光客の他にも、外国人観光客もかなり多いです。
英語や韓国語、中国語が話せるキャバ嬢だと優先的に採用してもらえたり、時給が割り増しになったりと、かなりメリットがあります♪
「じゃあ、外国人がキャバ嬢として働けばいいのでは?」と思うかもしれませんが、風営法により永住者以外の外国人はキャバクラで働く事は出来ません。
外国語が話せるキャバ嬢は、祇園ではかなり有利なのです。

京都らしい和風な内装のキャバクラもある

京都は「THE 日本」な景色が多く、和風の雰囲気を味わえる場所です。
地元の方はもちろん観光客も和風の雰囲気を楽しみに来店される方も多く、京都には和風を前面に押し出したお店も多くあります。
例えば京都といえば西陣織や京表具、京畳などの独自の工芸品がありますが、キャバクラの壁に京友禅をあしらったお店がありますし、畳敷きのVIPルームや京表具をインテリアの一部に使ったお店も♡

「京都らしいお店」を演出するために、京都ならではの伝統工芸品をインテリアとして使ったり、京町屋を丸ごと一軒リノベーションしたキャバクラ店もありかなり本格的です。
お店にやってきた顧客だけではなく、お店で働くキャバ嬢にとっても、綺麗でセンスの良い環境は素晴らしいものですね☆